治療内容紹介

当クリニックでは日本人歯科医及び、必要な際は地元専門歯科医による各種歯科治療をご提供しています。

歯石除去 & ポリッシング

「バイオフィルム」という言葉をご存じでしょうか?
私たちの口の中にはたくさんの細菌が生息しており、「バイオフィルム」という膜を形成しています。お口でつくられた「バイオフィルム」はヌメヌメや悪臭、さらには、虫歯や歯周病の原因となります。

お口の「バイオフィルム」は日常の歯磨きなどでは取り除くことができません。私達が行うPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)は、普段の歯磨きでは落としきれない「バイオフィルム」を、専用の器具を用いてきれいに取り除くことを言います。

「バイオフィルム」の定着を抑制することで、ムシ歯や歯周病の予防になります。定期的に受けて頂くのが効果的です。

充填

虫歯部分が比較的小さい場合は、歯と同じ色の白い詰め物をします。1度の来院で治療を完了することができます。

クラウン & ブリッジ

虫歯部分が広範囲である場合に施術します。材料はポーセレン、ハイブリッド、金などの素材を用います。通常2回の来院で治療を完了することができます。

インレー

歯の崩壊が大きかったり、神経まで虫歯が及んだ場合は、クラウン(冠)を被せる治療が必要になります。歯とクラウンの縁を正確に合わせなければ、またそこから虫歯が進行してしまします。また、噛み合わせも正確に調整しなければなりません。

噛み合わせの高いクラウンをいれてしまうと、咬合性外傷といって歯を支えている組織に大きなダメージを与え、歯周病の進行を速めたりしてしまいます。

虫歯が歯根の中まで及び歯の保存ができない場合は、抜歯をしてブリッジを装着する治療が必要になります。ブリッジも冠(クラウン)同様に縁を正確に合わせなければ、またそこから虫歯が進行してしまします。

抜歯

虫歯が大変大きく、根管治療などの処置でも回復が望めない場合、または歯が大きく破折している場合は、残念ながら抜歯となってしまいます。

親知らずの抜歯

ご自身の親知らずの状況をご存知でしょうか?
親知らずの生えるスペースがないため、斜めに半分程お口の中に萌出して虫歯になっているケースが多く見られます。こういった状態ですと食べかすが溜まりやすくなり、隣の歯の虫歯も引き起こす可能性もあります。ご自分では気がつかないケースもありますので、是非歯科医院でチェックしましょう。

入れ歯

歯の欠損部位が多数歯に及び、冠やブリッジでは対応できない時は、義歯が適応となります。義歯には大きく分けて2種類あります。

全ての歯を失った場合の総義歯(総入れ歯)、部分的な欠損部を修復する場合の部分床義歯(部分入れ歯)に分類されます。

固定式の冠やブリッジと違い、取り外し式となってしまいます。義歯になってもしっかり噛めるように考慮して作成することが重要になります。 部分入れ歯では、装着感や審美的にも満足していただけるバネのない入れ歯、バルブラストも取り扱っております。

歯内療法

神経の治療(根管治療)です。根管治療には2種類あります。まず、虫歯が神経に及び神経を抜く治療(抜随)、そして、すでに神経を抜いた歯が再感染をおこして根の先端に膿を貯めた時に行う治療(感染根管治療)があります。どちらもきちんと治療するにはかなりの時間を要します。

根の中のをきれいに清掃して再感染しないようお薬を詰めていきます。

矯正

歯並びでお顔の印象はぐっと変わります。お子さんの矯正はもちろん、成人矯正も今では珍しくありません。
通常のブラケットにワイヤーを着ける矯正方法、また見えない矯正インビザラインも行っております。

ホワイトニング

加齢などで変色した歯は、歯を削ることなく、ホワイトニングによって本来の白い歯の輝きを取り戻すことができます。美容に敏感な方や、最近では男性の方など、 多くの方が受診されています。